手捺染工程

手捺染工程

型をおいた型枠に染料を流し、その上をスキージングというヘラで染み込ませる染め方を『手捺染』といいます。 この工程では、糊置きをしないで染色します。多色染めの場合は、1色ごとに型を作成し、1色ごとにスキージングします。 手捺染は、生地の裏面は染まりません。比較的安価にできる染め方で、半纏や手ぬぐいなどに使われます。
手捺染工程

手捺染で半纏ができるまで

下絵の作成

パソコンの専用ソフトで原寸大デザインを作成します。
手捺染半纏型紙作成

型紙の作成

手捺染半纏型紙作成
版下図を描き、その後カッターでカットし、不要な部分を取り除きます。

型紙の貼り付け

手捺染半纏型貼り版下図の通りに、型紙を紗張りした型枠に貼り付けます。

生地を置く

手捺染半纏布置き捺染台に生地を貼り付けます。

染める

手捺染半纏染め型枠に染料を流します。型枠の上をスキージ(ヘラ)を使い均等に染めていきます。

乾燥

手捺染半纏乾燥染めた反物は1反ごとに作業室内で干して乾燥します。

蒸し

手捺染半纏固着蒸し箱に入れ、スチーミングで染料を固着させます。

水洗・乾燥

手捺染半纏水洗い蒸し終わった反物は、余分な染料を洗い流すために水洗機で洗い、
脱水・乾燥させます。

仕上げ

手捺染半纏 完成手捺染半纏仕上げ
1枚ずつ裁断し、ミシンで仕立てます。仕上がった商品は検品をしながらたたみ、袋詰めをし完成です。