引染め工程

引染め工程

引染めは、染料をつけた刷毛を引いて布を染めていく技法で、染めない部分を作るための防染方法に型を置いて行う「型糊置き」と、筒袋に糊を入れて手書きで防染糊を置く「筒引きが」あります。反応染めと言うのは、染料を布に定着させるためにアルカリ剤で反応させる染め方です。

引染め工程

引染で大漁旗ができるまで

型紙(型版)の貼り付け

型の貼り付けパソコンの専用ソフトで原寸大デザインを作成し、プロッターでカットした型紙を、型枠に貼り付けます。

糊置(のりおき)

生地の上に型の乗せ、型に糊を置いていく技法を「型糊置引染め」、円錐型の筒袋を手で搾り出しながら下絵に糊を描く技法を「筒引き引染め」といいます。 koutei_r08生地を台に貼り付け、その上に型を置き、染めない部分に防染糊を塗り付けます。

防染糊の表面を保護します

koutei_r04型をはずして、糊の上におが屑をかけ、粘着性があって柔らかい状態の防染糊が他へ移るのを防ぎ、防染糊の表面を保護します。

地入れ

koutei_r05綿や絹は染まりにくい性質を持つため、均一に染色するために地入れという作業で下地を入れます。地入れは、布海苔とよばれる海草や大豆の豆汁を刷毛で引きます。

染める

koutei_r06染料を含ませた刷毛で色鮮やかにむらなく染めます。

色の固着

koutei_r06染め終わったら固着剤(色止め剤)を塗り、一定時間置いて反応させます。

水洗い

koutei_r08koutei_r07
染めた後はすぐに真水で洗い、生地の両面にブラシをかけ糊を落とします。
その後自動水洗機で水洗いをした後に、更に手洗いで仕上げ洗いをし、染め上がりを確かめながら余分な染料を充分に落とします。

乾燥

大漁旗乾燥水洗いが終わったら、日光による天日干しを行います。梅雨の時期など天候が不順な時期は、お急ぎものに限り室内で乾燥させることもございます。

仕上げ

大漁旗 完成大漁旗仕上げ
反物で染め上げた布を、大漁旗の仕様に仕立て上げます。染め上がりをチェックしながら縫製し鳩目を付けて完成です。